このたび、ブログをリニューアルいたしました^^

ゆっくりペースですが、ブツブツと 更新を続けて

まいりますので よろしくお付き合いくださいますよう

お願いいたします。


ランキングに参加しています。ポチッとお願いします
banner_01.gif にほんブログ村 介護ブログへ FC2&シーサーブログランキング

2009年09月27日

徘徊〜おうちに帰りたい

困った事の上位にあるのが徘徊の問題。

実際、わたしの叔母も徘徊をし・・・

疲れて身体がいうことをきかなくなっても徘徊をし・・

転倒して骨折し、入院するはめになってしまい

大変な事がありました。

徘徊を繰り返していて専門病院に通院していた時

医師は、精神病院に入院させ薬でポーっとさせ

問題行動を抑えるしかないと言いました。

確かにそれもひとつなのかもしれませんでしたが

ポーっとさせてしまうということは

誰が誰だかわからなくなってしまうってことですか?

医師にそう聞いたらば そうだと言いました。

ちょっとまって〜〜!!

何か他に手立てがあるはずだから。

回廊のある施設、グループホーム・・・

色々相談していた矢先の事故でした。

叔母にとっては 痛い思いをして

かわいそうだと思いますが家族にとっては

ちょっと深呼吸する時間を与えてもらって

よかったと言っては失礼だけれど

ゆっくり考える時間を与えられた

ということになります。


そんな徘徊をくり返していた叔母ですが

現在もだいぶ元気になり院内を徘徊しています。


「おうちに帰るのよ」


認知症の人のおうちとは

実際のおうちのことではないのです。


おうちに居る時から


「おうちに帰る」


と言って徘徊していたわけですから。


おうちってどこなの?って聞くと

実際の自分の家ではなく

実家や 親の住むところ。

自分の生まれた、育った家を指します。

家族は実家や生まれ育った場所に帰りたいという

言葉を聞くと


そんなに家がイヤなのか・・・


そう言って落ち込むのですが

そうではありません。

それが認知症なのですから。

病気がそうさせているだけなんです。


認知症の人の記憶とは不思議なもので

今、食べた物の事は忘れているのに

子供の頃の事はよく覚えていたりします。

『長期記憶は保たれていて

 短期記憶が損なわれます』

ってよく言うでしょう?^^


先日、訪問したお家でも

認知症の奥さまが「おうちに帰りたいの」

って言っていてご主人が止めていて

泣き出してしまった光景を見ました。

ご主人にお話をして

奥さまにも話をして、少し落ちついたところで

お散歩に行ってもらいました。

まずは

おうちに帰りたい という言葉に振り回されないで

楽しい話題にかえて 

楽しくお散歩をして帰ってくると

落ち着く事もあります。



posted by のんこ at 22:14 | 埼玉 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 在宅介護日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月08日

深呼吸をしましょう

普段なんの気なしに呼吸をしていますが

みなさま、おわかりでしょうが 


大事な 大事な 呼吸なのです!


肺に疾病がったり

ずっと 小さい呼吸しかしていないと

呼吸が弱くなってきます。


軽い運動などをしていると

自然と大きな呼吸ができてきますが

なかなか運動ができない事ってありますよね


そんな時・・・


そして

気分が優れない時

血圧が高い時


深呼吸してみましょ^^


ずっと深呼吸していなかったあとの深呼吸ってね

肺がペリペリ〜〜って開いていく感じがします(笑)

気持ちがいいですよ。


でもね

深呼吸ができない場合は

大きく息を吐く練習をしてみてください。

ふぅ〜〜〜っと息を大きく吐くとね

いっぱいいっぱい息を吐くとね

しぜ〜んと

いっぱい空気を吸うの^^

むずかしい場合は

お顔の前にティッシュをぶら下げて

ティッシュが大きく揺れるように^^

だんだん上手に深呼吸できる様になってくるから

焦っちゃダメですよ

在宅酸素を 利用している人も

深呼吸は 有効です^^


そそ


深呼吸の究極の姿は

大笑いをすることです^m^


~o(*^◇^*)o~ キャハハハハハ


いっぱい呼吸もできるし

楽しいし

一石二鳥だねっ♪(笑)



posted by のんこ at 21:47 | 埼玉 ☁ | Comment(0) | TrackBack(1) | 在宅介護日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月22日

脳トレ

数年前、テレビで見たんですが

認知症が進行してきて イライラしていて人の輪にも入れず

問題行動の多かったおばあちゃまが

計算ドリルを始めて 少しづつ顔つきが明るくなり

別人のようになったっていうドキュメント番組を見て



私も試してみたくなって 上司に話して

パソコンでおっきな文字で計算問題を作って

毎日折り紙をしていて 飽きてきたおばあちゃまの元へ

持っていきました。


おばあちゃまは とてもおっとりしている方なので

まさか・・・

こんな・・・





昔、商売をやっていたから 計算は得意なの^^v




へぇーーーー



私、その時すでに5年もそのおばあちゃまのお家に通っていたのに

初耳の話しで ビックリしたんだけれど



確かに!!


最初は ちょっと戸惑ったり 足し算と引き算を間違えたり

していたけれど

ムキになるなる(笑)



ばっちり!!


気に入ってくれたようで

スラスラ 答えを書けるようになったの。



そそ



どうせだから

名前も書いてもらっちゃいましょ〜か〜♪


お名前も 最初は 「何年も書いてないから〜」と

若干拒否しておられましたが

ほめてほめて・・・また

ほめて・・・・・・・・


(ほめ上手になってくださいね^m^)


花丸なんかつけてあげちゃったりしたら喜んで

最初は ミミズちゃんみたいな文字でしかもカタカナ書きだったのが

だんだん 漢字を思い出して

今や スラスラ 名前が書けるようになりました。


するとね


不思議と 表情も明るくなって

よく笑うようになりました。

何かをやるってことが おっくうで仕方なかったのに

意欲が出てきたような 気がします。


やっぱ 脳って活性化せにゃ〜あかんのですね(苦笑)




先日、DSiを買ってもらいまして

脳トレやってみましたが

脳年齢  50歳・・・

ガ━━(゚Д゚;)━━ン!

(これ以上はノーコメント ( ̄b ̄;)


がんばらなくっちゃ〜〜〜(汗)


posted by のんこ at 22:52 | 埼玉 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 在宅介護日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月20日

理想の夫婦の形

高齢の夫婦のみの家族。

ひとり息子は海外赴任で他に親戚もなく

夫婦ふたりでずっと暮らしています。


妻が脳梗塞で倒れたのは10年前。

肺やら腸やら色々疾病を抱えている夫は

妻が倒れたショックで ご自分も体調を崩してしまって

それは大変な事態だったそうです。


妻は頑張り屋さんで 今ではあまりよく使えない手でも

色々工夫をして ほとんどの家事をこなしています。

夫もそんな妻の少しでも力になりたいと協力的に過ごしています。



ある朝

夫がゴミを捨てに行って 胸が苦しいと帰ってきたそうです。

慌てて救急車を呼び病院へ行って検査をすると

心臓に疾患がみつかって手術をするしか心臓を救う道はない・・・

でも

高齢と肺の疾病があるため

手術自体に 大きなリスクがある。

そこまでして手術を受けるべきなのかどうか・・・


夫婦で たくさん話し合ったそうです。

夫は、多少のリスクがあっても手術をして少しでも元気になりたい。

妻は、そんな危険な手術をせずのんびり過ごしましょうよ。

この食い違いは当然なのでしょうね。

海外赴任の息子は自分の身体なんだから父が自分でやりたいように

するのが一番いいと言ったそうです。


そうですね。


おふたりで納得いくまで話し合って

結論を出せばいいんだと思います。


たぶん・・・

まだ

結論は出ていないんだろうな〜と思います。

そして

おふたりで相続の整理をしたんだそうです。

銀行さんに頼んで弁護士さんにお願いしたんだそうです。

財産っていったってたいした事はないんだけど

子供に手間をかけさせないで済むように整理したんだそうです。


もう


明日どうなるかわからないところまで夫婦で、きちゃってるから

いつ どうなってもいいように

お互いありがとうって言ってあるの。


若いうちは ケンカしたって何したっていいけれど

この歳にきてケンカしたってつまらない

こうなってどれだけ支えあえるかが一番大切なのかもしれないね〜

と、話してくれました。


ほんのちょっとヘルパーさんに来てもらって

出来ない家事を手伝ってもらいながら

夫婦で力を合わせて暮らしていくって理想的ですよね


私もそんな夫婦を目指したいなぁ〜〜♪


ぇ・・・?


文字が小さくなってるって??

気のせい気のせい〜〜〜♪♪ヽ( ̄ε  ̄;)ノ





posted by のんこ at 21:11 | 埼玉 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 在宅介護日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月15日

家族が歳とったなぁ・・・と感じるとき

自分も そこそこ歳を重ねてきておりますので

その家族っていうのも確かに

自分と同じだけの歳を重ねてきているわけで・・(ブツブツ…笑)


自分に関しても歳とってきたな〜って

色々感じることは たっくさんありますが

今日はそんなこと 棚にあげて

家族のそんな

歳とってきたな〜と 感じたことがあったので

そんなお話しね^^;


まず


昭和一桁の父ですが・・・

同じ話題の話しで何度も電話をかけてくるようになっています。

こんな時、頭ごなしに「ああ、それさっき聞いた!」

なんて言い放ってはいけません(笑)

私は、2回目までは 初耳のように聞いてあげるけれど^m^

3回目からは

「うんうん、そう言ってたよね。

 それでそれってその後どうなったの?」

なぁんて聞き返してしまいます(笑)

それがいいか悪いかは色々あるでしょうけれど

たぶん電話をしてきたのは 話がしたいだけだからです^m^;

そして

父は車をよくぶつけるようになりました。

人に危害を与えてはいないので

それだけは ホッとしているところですが

注意が散漫になるのかな・・・

バンパーは傷だらけ〜です。

そろそろ 運転も引退して欲しいんだけどねぇ・・・


そして


私の夫。


まだ年寄りの部類に入る年齢ではないんだけれど・・・


先日 洗濯機が故障して買い替えました。

配送に若いお兄ちゃんが2人でやってきました。

なかなか よくやってくれるお兄ちゃんたちでしたが

入れるのが多少困難な場所だったので

必死こいてやってくれました。


もち


値切ってませんよ(笑)

有料でやってもらってるわけ。


夫は お兄ちゃんたちと仲良く会話をしながら

軽く手伝っているように見えましたが・・・


自分も運送屋さんで働いていた事があった

っつー話をし始めているの・・・(汗)



しっかも・・・




「○△□運輸で」




Σ(∇ ̄ ; なんっすか・・・???


んなこと どーでもいいことじゃんねぇ?(笑)




てか



思いっきり 邪魔してますから〜〜!!(笑)



夫をどけて

「いい?タダでやってもらっているわけじゃないんだからね?」

そ〜んな事を言ってもあとの祭り・・・

夫はしっかり 運送屋で働いていたことを思い出してしまい


気分は運送屋さん・・・^^;


リサイクルに出した洗濯機を 車に積む作業を手伝っている。



Σ(∇ ̄ ;



あーた・・・腰が悪くて鬼のように通院してるじゃないですか!!


お願いだから 無理してカッコ良いとこ見せようなんて

思わないでいいんですから〜〜!!


何度も言いますが

それなりの 料金は 払ってあるのですから〜


てか


会話って


見落としがちじゃないですか〜〜


しっかり聞いてみてくださいね〜


そして





自分もその辺気をつけなくっちゃね^m^; ムフフ(笑)






posted by のんこ at 02:13 | 埼玉 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
検索ボックス
 

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。