このたび、ブログをリニューアルいたしました^^

ゆっくりペースですが、ブツブツと 更新を続けて

まいりますので よろしくお付き合いくださいますよう

お願いいたします。


ランキングに参加しています。ポチッとお願いします
banner_01.gif にほんブログ村 介護ブログへ FC2&シーサーブログランキング

2008年02月02日

尿失禁の対処^^

尿失禁は加齢と共に増えてきますが
尿失禁とひとくちに言っても 色んなものがあります。

大きく分類すると次の4つに分けられます。

●腹圧性尿失禁(ふくあつせいにょうしっきん)
 くしゃみやちょっとした動作の時にお腹に圧力をかけた時に
 失禁してしまうものを言います。

●溢流性尿失禁(いつりゅうせいにょうしっきん)
 膀胱に溜まった尿がタラタラと溢れてくるために起こる失禁を
 言います。膀胱や尿道の疾患、前立腺に関わるものが多くあります。

●切迫性尿失禁(せっぱくせいにょうしっきん)
 急な尿意によりトイレが間に合わない、頻繁にトイレに
 行きたくなるなどがまんが出来なくなるようなものを言います。

●機能性尿失禁(きのうせいにょうしっきん)
 排尿機能は正常であるが身体運動機能の低下により
 トイレに間に合わない、認知症などが原因で尿意がわからない
 などがあげられます。

お年寄りに多いのは機能性尿失禁ですが
膀胱炎などの疾患が慢性化している方も多いのです。

それぞれ原因や要因を理解して
疾患が原因の場合は病院へ行くなどし
その方に合った方法で尿失禁の対処を考えます。

尿失禁があると
自信をなくし、落ち込み
外出を避ける、人との交流を持たなくなるなどといった
精神面でもダメージが出ます。

まず
したくてしているのではない
という事を理解して 決して叱らないで対処することが肝心です。

深夜のトイレが間に合わないというのがもっとも多く
尿意で目が覚め、慌ててトイレに行こうとして
寝ぼけているために転倒してしまったりすることもあります。

夜だけポータブルトイレを活用したり
夜だけリハビリパンツを履いて寝るという方はかなり多いんです。

また日中も
安心のため〜♪ と、リハビリパンツを着用している方が多いです。
汚してしまっても洗う手間、洗ってもらう気兼ねがなくなります。

お下の世話になりながら生きていたくない

これはお年寄りに関わらず 皆そう思っていますよね^^;
でも 加齢と共に、また身体状況により失禁をしてしまうのは
仕方のないことなのです。

逆に言えば 出なくなった方が大変なんですよ!!(笑)

お年寄りによっては リハビリパンツを勧めても
「まだ大丈夫」と言いながら失禁を繰り返すので
ご家族は叱りつけたくなります。

失禁するじゃない リハビリパンツを履いてよ〜!!

つい言いたくなりますよね^^;

大丈夫だと思うけど 安心のために履いておきましょう〜
自尊心を傷つけないように配慮しながら
勧めることが上手に取り入れてもらえるために必要だと思います。

でもね
認知症だったりすると履く事を忘れちゃうのよ^^;

くり返し言い続けるとか 履いてるか声かけをするってことが
必要になることもありますね。

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

↓介護用品や排泄サポート商品が満載です。
 こんなものもあったんだぁ〜〜〜ってくらい
 最近の介護用品はバラエティにとんでますね^^







posted by のんこ at 10:18 | 埼玉 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 在宅介護日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
検索ボックス
 
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。