このたび、ブログをリニューアルいたしました^^

ゆっくりペースですが、ブツブツと 更新を続けて

まいりますので よろしくお付き合いくださいますよう

お願いいたします。


ランキングに参加しています。ポチッとお願いします
banner_01.gif にほんブログ村 介護ブログへ FC2&シーサーブログランキング

2008年01月20日

髪は女の命

大学病院へ受診同行した時に お若い女性の姿を多く見かけ
よく見ると 婦人科外来が近くにあって
なんの病気かは わかりませんが
数名が車椅子で運ばれて行きました。

私も数年前 子宮内膜症を患い
婦人科にせっせと通ったのを思い出しました。

子宮内膜症自体は まだ完治していないので
悪化してガンにならないように検査はしています。


なぜ きちんと治さないの?
と言われそうですが 
正直に言って 怖いのです^^;

こわいって・・・

治療が怖いんでも
医師がこわいんでもないんです。

今まで 治療をしていて初めての例だ
と、言われてしまいましたが
ホルモン剤を投与されてから始まりました。
薬の説明書には 副作用としてちゃーんとうたわれていました。

えっと・・・

髪の毛が抜けまくってしまったのです。

それもハンパじゃない量でした。

シャンプーをすると 排水溝が詰まります。
朝起きると 枕は髪の毛がいっぱい落ちています。
掃除機の中身も 私の髪でいっぱいです。
そして
「あれ?前髪切った?」誰もがそう言いました。

私が男なら たぶん坊主にしたでしょう^^;
でも 私は女ですから
それも 一応接客業(?)
坊主は無理ですから 帽子を被りました。
そして
この治療を断念すべく 医師に言いました。

医師も
「それじゃあ かわいそうだ・・すぐにやめましょう」と言って
たぶん 薬を換えたかったのだと思いますが
髪が生えてくるまでは なにもしたくないと私が言ったので
今は 経過観察となっております。


私のようなホルモン剤による脱毛は少ないのかなぁ?
でもね
確かに 髪の抜ける治療ってあるんですよね。

以前 夏目雅子さんが 白血病で治療による脱毛で苦しんでいた
という事により
カツラの無償貸し出しなどを中心にした

"夏目雅子ひまわり基金"が発足して

今でも故夏目雅子さんのお兄さんである小達一雄さんが
活動の中心となって動いておられます。

そして このカツラの存在によって
治療による脱毛による 心のストレスの軽減になっていることは
素晴らしいことだと思いました。

実際 自分が脱毛と向き合わなければ
なかなか実感できなかったのかもしれませんね。

そして
今では 色々な場面でカツラを利用する方が増えていますから
ファッションの一部として取り上げられたのは
嬉しい事ですね^^





posted by のんこ at 15:42 | 埼玉 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
検索ボックス
 
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。