このたび、ブログをリニューアルいたしました^^

ゆっくりペースですが、ブツブツと 更新を続けて

まいりますので よろしくお付き合いくださいますよう

お願いいたします。


ランキングに参加しています。ポチッとお願いします
banner_01.gif にほんブログ村 介護ブログへ FC2&シーサーブログランキング

2008年01月17日

寝かせておいてはいけません

最近の介護では
よっぽどの事がない限り
寝かせておいてはいけないと言われています。

身体が思うように動かせなくなってくると
どうしても
寝て過ごしたい
寝かせておいた方が楽
だったから
寝たきりが増えたといわれます。

ずっと寝て過ごすと
身体を動かさないことによって起こる
体調不良や 筋力、内臓の機能が低下したりして
褥瘡(じょくそう)=床ずれ や
骨粗鬆症を起こしたり 関節が固まることもあります。
また
肺の機能が低下して肺が潰れたような状態になったり
精神機能も低下します。

これらの長期寝ていたために起こる症状を
廃用症候群というのです。

そして
そんな廃用症候群にならないようにするために

急性期の症状が安定したらすぐに
早期リハビリという意味も含めて
身体を動かして
これらの障害が起きないように努めましょう。

病気やケガなどで寝て過ごしている時間が
長くなればなるほど
起きて過ごす事は 確かに苦痛なんですよね。
そりゃ〜寝てたほうが楽に決まってます(笑)

痛い とか 苦しい とか
かなり辛い時期もありますが
医師がOKを出していれば
少し辛くても 
がまんして動かすようにしなければ

かわいそうだとばかり言っていては
本人はもっとかわいそうな事になってしまうし
看る人が大変な思いをします。

以前の介護保険では
ヘルパーが寝たきりを作っている
などという 介護職に就いてる人には
ちょっと意地悪な報道がありました。

以前の介護保険では
なんでもヘルパーがやってしまうため
利用者さんの残存機能が損なわれ
今まで出来た事さえ 出来なくなってしまう
といった例がたくさんあったそうです。

最近の介護保険では
自立支援といわれ
出来ることはなるべく本人にやってもらう
出来ない事だけお手伝いする
といった方向になり

短期と長期の目標を立てて
それに向かってリハビリを兼ねて
身体を少しでも動かそうということになっていて

以前のように寝て過ごしている方も
なるべく起こして生活をするように
なっています。

そんなにおおげさな事はしなくていいんです。
ほんの少しのことから 
起き上がってテレビをみるくらいからでもいいですから

ベットから、お布団から
離れて過ごす工夫をしていきましょう^^

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

3月4月 新年度には
進学・転勤 色々あって
家具を買うことが多くなりますね
こんな激安家具もありますよ〜
送料無料だし〜・・・ってこれって有名だったかしらね^^;





posted by のんこ at 10:44 | 埼玉 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
検索ボックス
 
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。