このたび、ブログをリニューアルいたしました^^

ゆっくりペースですが、ブツブツと 更新を続けて

まいりますので よろしくお付き合いくださいますよう

お願いいたします。


ランキングに参加しています。ポチッとお願いします
banner_01.gif にほんブログ村 介護ブログへ FC2&シーサーブログランキング

2007年12月19日

心のバリアフリー

私のまわりには 沢山の障害を持つ人が居ます。
もちろん仕事柄 そういう方に接する機会も多いのですが
実際 私の弟も自閉症という 障害を持っています。

でもね
彼に関しては 長い長い障害者と向き合う時間のおかげで
偏見を持つことはなく 
今では そっちの方が幸せなのかも・・
なんて家族はみんな彼を温かい目で見守っています。

まあ 私が子供を産んだ時は
弟が障害者だということで 生まれてくる子は
大丈夫なの? と言われたこともありましたけどね
気持ちの小さい人だなぁ・・・
と まあ 当時私も若かったですから
くよくよせず 開き直っていましたけどね(笑)

私には息子がふたりおりますが
もう大人になりましたが この息子たちも
一度も彼の事を「障害者なの?」と聞いた事がありません。
普通に 受け入れてるという事です。 

弟の障害の事で 色んなこと言われ事が沢山あったんですよ
「口のきけない弟は元気にしてるの?」
この言葉には 息子がすぐ反論してくれましたよ
「何言ってんの?!○○ちゃん 口きけるよ!!」
嬉しかったわ〜〜

そしてそんな息子が高校生の頃
やんちゃ坊主で ケンカをして顔がめちゃくちゃ
腫れた事があります。

一緒に買い物をして エレベーターに乗った時に
障害者の方の集団がエレベーターに乗り込んできた時に
奥の方に居た息子が 急いで前の方に出てきて
私よりも早く エレベーターのボタンを押し 
笑顔で手を貸していました。
その姿に 親として嬉しく思いました。

他にも乗っていた方が沢山いたのですが
知らん顔している人もいれば 
ジロジロ見てるだけの人も居ました。
ひどいですよね?
てか
うちの息子の顔があまりにも腫れていたので
見ていたのかもしれませんがね(笑)

障害者だって普通の人間です。
特別でもなんでもありませんよ?
少し手を貸してあげれば 色んな事が出来るのですよ

息子は そのことをよくわかっています。
ですから
私の身の回りにいらっしゃる障害を持つ方とも
よくお話をしますし 特別扱いもしません。

仕事の中でも 障害を持つ方と外へ出る機会が多くあります。
特に中途障害の方への冷たい言葉が目立ちますね。

先日も
「あっら・・どうしたの? こんなんなっちゃって・・」
そんな冷たい言葉を浴びせる方がいました。

仕事でなければ怒鳴りつけてるところでした。
仕事中では そこで暮らしている利用者さんの立場を考え
文句が言いたくても言えない現状もあるんですよ
くやしいですが・・・(涙)

明日は我が身!!

あなただって 私だって 障害を持たないとは
絶対に言い切れない。

もっともっと
心のバリアフリーが浸透していかなければ
優しい世の中にはなっていかないんだろうね・・

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

最近 ビデオから DVDへと変わってきていますが
レンタル業界も 変わってきてるんですねぇ〜
気軽に借りられるようになってきましたね
嬉しいな〜〜〜♪ 






posted by のんこ at 15:35 | 埼玉 ☀ | Comment(2) | TrackBack(0) | ひとりごと。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
のんこさんの記事には、いつも考えさせられます。
以前、私の職場には、手の指の数が少し少ない男性が働いていました。
が、彼は誰よりもPCに強く、事務課の係長にまで昇進しました。
職場内でも、みんな、ごく自然に接していました。
私は、その職場で、自然に受け入れる事を学んだような気がします。
けれども、町の中で、障害者の方と接する場合、‘手を貸す’範囲と‘特別扱い’の境界線が難しいとも感じています。

最近は、健常者同士であっても、‘自分は特別な人間’だという意識が強い人が多い様な気がします。1段高い所から物を言う、と言うか・・・。

他人にさりげなく手を差し伸べられる優しさと、心の余裕を持ちたいものです。
(長文、失礼しました!)
Posted by シェリー at 2007年12月19日 16:19
そうですねぇ・・
手を貸す と 特別扱いの境界線って ほんとに難しいですね。
自分自身が特別だと感じている人も少なくないですからね
以前 新聞などで『障害を重くしたり
寝たきりを増やしているのはヘルパーだ』
というような内容の記事が出て 我ヘルパー事業所でも
会議のネタになりました。
何でも手を貸すのがいいヘルパーではない。
少しでも ひとつでも出来るようにお手伝いをすることが必要だと
いう観点から 自立支援が大きく注目を浴びるようになり
今では 
なんでもかんでも自立支援!!となっているのですねぇ・・

まあ この論点はさておき
さりげない優しさ・・・っていい響きですね〜
そんな気持ちに余裕のある人になれるように
心がけていきたいものですね^^
Posted by のんこ at 2007年12月20日 13:36
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
検索ボックス
 
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。