このたび、ブログをリニューアルいたしました^^

ゆっくりペースですが、ブツブツと 更新を続けて

まいりますので よろしくお付き合いくださいますよう

お願いいたします。


ランキングに参加しています。ポチッとお願いします
banner_01.gif にほんブログ村 介護ブログへ FC2&シーサーブログランキング

2009年09月27日

徘徊〜おうちに帰りたい

困った事の上位にあるのが徘徊の問題。

実際、わたしの叔母も徘徊をし・・・

疲れて身体がいうことをきかなくなっても徘徊をし・・

転倒して骨折し、入院するはめになってしまい

大変な事がありました。

徘徊を繰り返していて専門病院に通院していた時

医師は、精神病院に入院させ薬でポーっとさせ

問題行動を抑えるしかないと言いました。

確かにそれもひとつなのかもしれませんでしたが

ポーっとさせてしまうということは

誰が誰だかわからなくなってしまうってことですか?

医師にそう聞いたらば そうだと言いました。

ちょっとまって〜〜!!

何か他に手立てがあるはずだから。

回廊のある施設、グループホーム・・・

色々相談していた矢先の事故でした。

叔母にとっては 痛い思いをして

かわいそうだと思いますが家族にとっては

ちょっと深呼吸する時間を与えてもらって

よかったと言っては失礼だけれど

ゆっくり考える時間を与えられた

ということになります。


そんな徘徊をくり返していた叔母ですが

現在もだいぶ元気になり院内を徘徊しています。


「おうちに帰るのよ」


認知症の人のおうちとは

実際のおうちのことではないのです。


おうちに居る時から


「おうちに帰る」


と言って徘徊していたわけですから。


おうちってどこなの?って聞くと

実際の自分の家ではなく

実家や 親の住むところ。

自分の生まれた、育った家を指します。

家族は実家や生まれ育った場所に帰りたいという

言葉を聞くと


そんなに家がイヤなのか・・・


そう言って落ち込むのですが

そうではありません。

それが認知症なのですから。

病気がそうさせているだけなんです。


認知症の人の記憶とは不思議なもので

今、食べた物の事は忘れているのに

子供の頃の事はよく覚えていたりします。

『長期記憶は保たれていて

 短期記憶が損なわれます』

ってよく言うでしょう?^^


先日、訪問したお家でも

認知症の奥さまが「おうちに帰りたいの」

って言っていてご主人が止めていて

泣き出してしまった光景を見ました。

ご主人にお話をして

奥さまにも話をして、少し落ちついたところで

お散歩に行ってもらいました。

まずは

おうちに帰りたい という言葉に振り回されないで

楽しい話題にかえて 

楽しくお散歩をして帰ってくると

落ち着く事もあります。



posted by のんこ at 22:14 | 埼玉 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 在宅介護日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
検索ボックス
 
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。