このたび、ブログをリニューアルいたしました^^

ゆっくりペースですが、ブツブツと 更新を続けて

まいりますので よろしくお付き合いくださいますよう

お願いいたします。


ランキングに参加しています。ポチッとお願いします
banner_01.gif にほんブログ村 介護ブログへ FC2&シーサーブログランキング

2009年05月24日

後悔しないために

最近、公私共にお見送りする事が続きました。

実は、私の大事な友人も先日 お星さまになりました。

悲しかった。

悔しかった。

助かって欲しかった。

末期癌の宣告を受けてから

ずいぶん泣いたでしょうに・・・

余命 3ヶ月・・・

在宅で旅立ちたい そう決めた

私より1つだけ お姉さんの彼女はこう言いました。


「夫が仕事を休んで そばに居たいって言ってくれたの

 今まで そんな事 言ってくれたことなかったのよ

 夫はね、私が痛くて泣いてると 一緒に泣いちゃうの

 なんだか 迷惑かけちゃうな〜と思うけどね

 私は 居なくなる人だからいいけれど

 これから まだまだ生きていかなくちゃならない夫が

 ああすればよかった こうすればよかったって思って

 後悔しないように 夫の思うようにしてもらおうと

 思ってるの。」


なるほど・・・

その通りだよね。

確かに その人にとって最善を尽くしてあげようと

看ている人なりの 精一杯を受け止めて

後悔ないように・・・かぁ・・・

果たして 自分の時には そう言ってあげられるかな〜


そして


仕事でも 在宅で看取りたいという方の最期の介護の

手配をしていました。


最期の介護というのは 精神的に参ってしまいます。

癌の壮絶な痛みから解放するには 麻薬を使って

痛みを止めるしかありませんから 幻覚や幻聴と

戦っている人を看るのは 容易な事ではありません。


妻は疲れて 色んな事を要求していましたが

最後、娘と二人で身体を拭いて旅立ちを見送れたと

安堵というか やりとげた充実感がありました。


私の母方の祖母が 心不全で入院した時に

今夜が峠だと言われて 

それでも 透析をするかいなか

家族で話し合ってくれって言われたときにね

父は 母に

「自分がこうしたいって 

 思うようにしてもらいなさい。」って言ったの

これもやっぱり 後悔しないために

母に 思うようにしてもらえってこと。


実際

それが一番大切なのかなぁ

それぞれの考え方があるんだろうけどねぇ・・・



posted by のんこ at 23:00 | 埼玉 ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | 介護の心 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
検索ボックス
 
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。