このたび、ブログをリニューアルいたしました^^

ゆっくりペースですが、ブツブツと 更新を続けて

まいりますので よろしくお付き合いくださいますよう

お願いいたします。


ランキングに参加しています。ポチッとお願いします
banner_01.gif にほんブログ村 介護ブログへ FC2&シーサーブログランキング

2009年01月20日

痰は誰でも出るものです。

痰というのは 健康な人でも若い人でも作られています。
飲み込む力が強い若い人は
無意識に 痰を飲み込んでいるんですって。

でも

風邪などの時は菌を出すために痰の量が多くなって
飲み込みきれずにゴロゴロすることもあります。

そして
痰の量が多かったり
飲み込む力が足りないといつまでものどの辺りでゴロゴロして


カァーーッ  ペッ ・・・


痰を吐き出しますね。

ああ たばこを吸う人も痰が多いですね。

このように
痰はあなたの身体を守るために
頑張っているんですね^^v

お年寄りになると
のどに詰まった痰を上手に出す力がなくなってきます。

いつまでも ゴロゴロしてたり
ゴロゴロすることもなく
肺炎を起こす場合もあります。

これは 飲み込む力が減少した時に多く起こって
食べ物も上手に飲み込めなくても
食べたものがのどに詰まったり
肺に入り込んで 誤嚥性肺炎(ごえんせいはいえん)
というものを起こします。

痰を上手に出すためには
乾燥を防ぐ
水分を摂る
ことは 最も大事なことです。

水分によって 硬くなった痰をやわらかくして 
出しやすくしてあげることで
かなり 自力で カーーーッ ペッ
が、出来るようになります。

カーーッ  ペッ  の力を付けるには
風船を膨らませる運動も有効なようです。
頑張れそうな方は 風船をいっぱい膨らましてみてくださいね^^









posted by のんこ at 00:00 | 埼玉 ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | 健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
検索ボックス
 
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。